トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

アーカイブ

豊聡耳 神子

加護()

(自動α) 〔このブログ〕は〔Google Analytics及びfc2アクセス解析〕を用いて〔あなた〕のアクセスを解析している。
(自動α) 〔あなたのIPアドレスなど〕一部情報は〔Googleまたはfc2〕に送付される可能性がある。
(自動β) 〔このブログ〕は〔Cookie〕を利用している。〔このブログ〕を利用することで、〔あなた〕はCookieの利用に同意したとみなされる。
(自動β) 〔このブログ〕は表示するフォントに〔にしき的フォント〕を利用している。

Twitter

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
34位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

開運力が足りなかった * 富山大会レポート

直前まで、どのデッキで出るか迷ってましたが、そねさんが開運したかったらしいので、 勝手にその魂を受け継いで開運してきました。

デッキのコンセプトは、「(因幡てゐを見て)これ、重いキャラクター上から順に入れていけば勝てるんじゃね?」 「(赤蛮奇鳥船結界をやって)これは運がいいなぁ!」「(静かの海をプレイして)パッ!」 です。

一戦一戦を振り返るより先に、オーバービューしときます。

帰宅後にデッキシート書いてたら、「なんでこんな構築なの?(特に開運早苗が 2 枚なのが)」 などとなってたので、もっと構築詰めれる気がします。

ということで細かくレポートしましょう。

前日

正午ごろにさんろと合流。13 時からボドゲ☆らんどで VISION をしばく予定なので、 ワンダーラボに寄ってから飯を済ませようと画策。

と、ワンダーラボを回って 30 分、流石に飯を食わないと 13 時にボドゲ☆らんどにつかないな、 と思って飯をしばこうとしたら、年末休業ばかり。しってた。

コンビニで適当に調達して、そのままボドゲ☆らんどへ go。31 デッキ背負ったまま移動するのは疲れたぜ。

ボドゲ☆らんどでみずおさんと合流して、3 人で VISION しばきつつ、 たまたま隣でやっていたふるよにフリプ回にさんろが参加したり、 私が弾丸ごっこを布教したり、テキサスホールデムをやったり(実は初プレイ)しましたとさ。

その後 AREA 1 に行って、若干の打ち合わせと、食事をして解散。

第0回戦

31 デッキ背負うのは重いし、今までの大会の記録も持っていかねばならないとなると、 キャリーケースのほうが楽だと判断してキャリーケースで出発。なんてことしてたらPR カード持っていくの忘れた申し訳ないので、今回大会参加者で、PR カードご用命の方は連絡していただければ郵送します。

それにしても、この時間で間に合うのか??

開場には間に合いました。

昼食の注文を忘れてたので開始には間に合いませんでした。 ご゙め゙ん゙な゙ざい゙。

第1回戦 vs. きいろ3(蓮メリでサイドから地獄をプレイする半地獄デッキ)

気を取り直して。

こちらは運が良くなるデッキのため、ノードを 6 枚目まで黙々と置く作業が始まる。 それに対して、きいろさんはウィジャーボードを展開、冥界に幽々子が見える。 うーん、これ嫌な予感しかしないなぁ。 あ、静かの海は止められたのでパッということはできませんでした。

とりあえず 6 枚ノードが溜まったので鳥船結界を置く。 止められそうになったものの、抵抗のおかげで耐え。なんでこのカード抵抗付いてるんですか?? で、赤蛮奇がいるので X=6 でプレイ。 ウィジャーボード起動幽々子コピーで止められるなぁ、と思ったところ、 起動されなかったので、赤蛮奇が大量に送り込んだ飛頭がレミリアやらなんやらになって勝ち。

2 戦目は速やかに弁々経由で幽々子が出されて、何もできないなぁってなっていたところ、 磐船に乗っていた幽々子様を呼び出すことに成功して、お互いしなしなになる。

ついでに妹紅や、角の生えた慧音も出てきたので、向こうの冥界を除外しつつ、 こちらの冥界も除外して、完全なる墨染の桜で向こうの手札を消し飛ばす。

とかいろいろやっていたものの、盤面に出てきた幽々子をどうしようもなくて、 盤面有利取られてライフ削りきられる、となったところで時間切れ。

ということで 1-1-0 で勝ち。

第2回戦 vs. りぷとんさん(息吹瓢デフレ)

りぷとんさん、第1回戦で隣の卓で、その卓からデフレーションワールドって聞こえた気がするんですけど。 速攻デフレーションワールドだったら勝ち目がないが??

と思っていたところ、カモフラージュと大蝦蟇の池をプレイされる。 やっぱりデフレーションワールド入ってるデッキじゃないですかー!!

と思っていたところ、りぷとんさんが止めを刺せるターンになる前に、こちらが展開できたので勝ち。 どうして展開できたのかは覚えてない。

2 戦目は、りぷとんさんのプレイング(ノードからカモフラージュとかマナ生とか落として息吹瓢を回収する) のが光っていたので、りぷとんさんのほうが早くて負け。

3 戦目は、あと 5 分とかなので、私がひたすら耐えて引き分けに終わっておしまい。

ジャッジとして呼ばれるなどで、すこし席を外していた時間が合ったので申し訳なかった。 ジャッジなら早いデッキつかいましょうね。

第3回戦 vs. スルメ大臣さん(パチュリーのフリをする赤蛮奇デッキ)

負けてしまって優勝はできないので気楽に行きましょう。

と思っていたところ、あの「アクティブ状態になるたびにドローする」赤蛮奇が出てきた。 いつものひとみハウスのノリで、「赤蛮奇通ります。速攻?! アクティブ状態になった?! ドロー??!」 とか煽ってたら「ルナクロック通ります、赤蛮奇がアクティブに?! ドロー?!」「動と静の均衡?! 赤蛮(以下略」 とか煽る羽目になってて、そのまま死んでた。

2 戦目も同様!! 赤蛮奇強い!

アフター

その後フリプでいろいろなデッキを回しましたが、ひとみハウス環境だと みんなやりたいことをやるので、除去やメタがないという現実を思い知らされました。 たしかに、妹紅山焼きが妹紅を除去されきったあとどうするか、って言われたら「どうしようもない」だからなぁ。 インペリで耐えきって勝てたけれども。ただ、そうなるとインペリミラーが発生した時にどうやって勝つかという問題があるわけで。

大会に出すデッキはメタとかを考えよう(戒め)。となるとハンデスデッキとか持っていったほうが良かったかもしれない。

あと特筆することは麻雀マットと麻雀牌を Zekus ニキが持ってきたことですかねぇ。 飲食店に麻雀持ち込むのはさすがに自由すぎるんよ()。

その後みずおさんと朝までカラオケに入って終了。はじめて東方曲しか歌わないカラオケをやった。 VISION と音召缶と ddiction と SWING HOLIC と東方深秘録でしか東方を知らない人間だから、 実は東方に関しての知識が古すぎるということが露呈した。

てなわけでお疲れさまでした。みなさん、来年もよろしくおねがいします。それでは、良いお年を。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

スポンサードリンク

プロフィール

さーくる⑨

Author:さーくる⑨

Please email us to
circle9.mail☯gmail.com

さーくる⑨のメンバーは、

原メンバー


  • Carele Smith(代表)
  • kalna
  • Water Fall
  • Ocean@海P
  • NEO

準メンバー


  • ほたて(イラストレーター)
  • (雑用)

VISION は亡くなったんだ……!!

M.I.W. 公式だったもの:
頼子ドットインフォ:
さーくる⑨独自:
参加者心得は、参加者の方は必ず目を通して下さい。

広告

検索フォーム

リンク

管理画面


当サイトはリンクフリーである。このブログをリンクに追加してください。

相互リンクも大募集。メールフォームへ連絡を。

East Opera 2019
http://www.circle9.work/e-banner.png
上はこのページのバナー(2019年版)ね。直リンクでバナー貼ってくれると、年代わりに更新されるはずだよ! サイト名は" East Opera 20XX"でもok XXの部分は毎年変わります。


リンク集

以下さーくる⑨が運営するサイト

以下VISION関連

以下東方関連

以下カードゲーム(トランプ)関連

メールフォーム

さーくる⑨ (circle9.mail☯gmail.com)

名前:
メール:
件名:
本文:

乱数カード考察:課題

VISIONのカードをランダムに選んで、それを考察しよう。忘れられたカードを再発掘しよう。新しい価値を見つけよう。
現在の課題は
  • No.549 呪海に眠る記憶
  • No.640 地霊殿
  • No.973 萎縮
  • No.1518 八雲 藍
エントリーはこちら
古い記事には、最新のエラッタやテキスト修正、または最新の環境が反映されてませんので、ご注意ください。

ブログ更新する人へ: テンプレートは下書き保存してあるので、記事の管理よりそこから記事を書いてください。その際、公開設定は「公開」保存日時は「保存した日時」にしてください。